カビの発生源

ブラシ類はとくにカビの発生源になりやすいので注意してください。天井は古バスタオルなどを棒の先に巻いて拭けば、モップを買う必要はありません。残り湯を翌日の洗濯などに使う場合など、浴槽の湯を落とさない日は、浴槽にきちんとふたをしてから、壁、天井、床にシャワーの湯をかけてからタオルで水滴を取るようにしましょう。浴槽の水は、必要がなくなったらすぐに落とし、浴槽内はタオルで水滴を拭いておきます。このようにルールを決めれば、いつもピカピカの風呂場を維持するのは難しいことではありません。掃除のじゃまになるので、余計な小物はいつの間にか置かないようになっているはずです。ここでも「スペースの、%収納&クイック掃除」の威力が実感できるというわけです。◆掃除の.プロも、トイレから技術と精神を学ぶ。トイレの掃除は、誰だって嫌なものです。私たちの会社では、だからこそ、新人が入ってきたときにはトイレ掃除からスタートします。嫌なトイレ掃除が苦にならなくなる、あるいは、嫌な場所であるがゆえに、ピヵピヵになったときの満足感を得られる、そうなって初めてプロになれるわけです。まさに、精神修養の場がトイレ。こうして掃除の技術と精神を学んでいくのです。